レイキの10大特徴 その4【氣を入れたり、抜いたりする必要がない(自動調整)】

レイキの10大特徴 その4:氣を入れたり、抜いたりする必要がない(自動調整)。


さらにエネルギーを流せば、流すほど、エネルギーに溢れてくる。
「外氣治療」「氣功治療」が多くの中国人氣功師や日本の氣功実践者によって行なわれています。

この外氣治療等では、相手のエネルギー状態をしっかり読み取り、身体のある部分にエネルギーを入れたら良いのか?それとも抜くべきなのか?読み取らなければいけません。

そうしないとエネルギーが過剰なのに、具合が悪いということでさらにエネルギーを入れて却ってバランスを崩してしまうということがままあります。

レイキの場合、ヒーラーを通じて、相手が自然にエネルギーを受け取るのです。
身体が必要であれば、長い時間エネルギーを受け取るし、必要でなかったり、もう容量を超えた場合、自動的にエネルギーを受け取らなくなります。

それも、レイキを行なっている人は何の意識的努力がなくてもそれが自動的に行なわれます。

よく体は何でも知っている、と言われます。
例えばO-リングテストとか筋肉反射テストというのがあります。

自分に合うものは何か?を指や手の筋力が強くなるか、弱くなるかということを調べて簡単にチェックする方法です。

これなどでは自分が意識ではわからないこと 窒ェ肉体が知っていることに本当に驚かされます。
これはほんの一例ですが、肉体自身が今どうしたらよいか?ということを知っています。

そして肉体は自然にしていれば、細胞一つ一つが自分の体の調整をうまく行なうように自動的に動きます。

レイキでは必要以上のエネルギーは自動的に入らないように機能します。
これはあなたの体もそうですが、相手の体も自動的にその人にとって最適なエネルギー状態を知り、それを自動調節するのです。

ですからレイキ・プラクティショナー(実践者)は力む必要すらないのです。

よく外氣治療をする人は一日に数人治療をすると疲れてしまうと言われすが、レイキの場合それがありません。
なぜでしょうか?

多くの外氣治療は外氣を治療家が自分のエネルギー・フィールドに取り入れ、それを元に内側で氣を練って、それを相手に放射するというプロセスを経ます。

つまり治療家のエネルギーを放出することによって、相手にはエネルギーが満たされますが、氣功師自体のエネルギーは奪われてしまう、失われてしまうのです
(このようなスタイルではない外氣治療ももちろんあります)

それに対してレイキはただチャンネルになるだけですので、自分のエネルギーを消費することがなく、氣も奪われませんし、疲れません。

逆に相手に素晴らしいエネルギーを流すにはその前に自分がそのエネルギーで宇宙から満たされますので、エネルギーが逆に増してきます。

ですから姿勢から来る疲れは多少は出てきますが、エネルギー的に消費してしまって疲れるということはありません。

一日10人、20人と接してもエネルギーが巡ってきます。

また、「レイキの10大特徴3」でも触れていますが、意念(イメージ)を使った集中も 不要ですので、その面でもエネルギーを浪費しなくてすみます。


20万名が既に読んでいる「誰でも出来る癒しの手」-レイキ読本–
(望月俊孝著)を無料でプレゼントしています。

ご希望の方は「小冊子プレゼント」からお申込ください。
=> 小冊子「誰でも出来る癒しの手」-レイキ読本(望月俊孝著)を無料プレゼント

上に戻る